イケメンの歯ブラシになりたい

イケメンの歯ブラシになりたい人の記録。日々の記録や思った事も綴るよ。

DAY③ マカオ半島〜香港

引き続きマカオ半島〜香港レポ🇲🇴🇭🇰

 

図らずも1〜2日目はダイエット?して、めちゃくちゃお腹が減っていたので、マカオのすごい美味しいモーニングを食べたい!

と思い立ってググった。

 

f:id:aozora_yozora:20180329171343j:image

CARAVELA!!!(カラベラ)

ポルトガル風のモーニングが楽しめるお店。

来るお客さんも、マカオに住むポルトガル人が多い気がした。(聞こえてくるのがポルトガル語ばかり)

常連さんが多いみたいで、みんな挨拶を交わして各々席に着く。店員さんもその人が毎日何を頼むのか分かっているから、「おはよう。いつものでいいわよね?」と笑顔で声をかける。

(本当にこう言ってるかは分からない笑 だいたいそんな感じだろうと())

 

この雰囲気がとても好きで、全然常連じゃないし、むしろマカオも朝にカフェなども初心者だけどクセになりそうww

 

みんな顔見知りなので自然と相席して、エスプレッソ片手に語らっていた。

きっと、当然来なくなったらするとお互い心配するんだろうな。毎日顔を合わせられるっていいなあ。

 

完全ニューフェイスの私にも「おはよう。隣いい?」と声をかけてくれて、居心地が良かった

f:id:aozora_yozora:20180329173424j:image 

エスプレッソ/エッグタルト/パスティシュ・デ・テントゥガル。

左下の白い物体、パスティシュ・デ・テントゥガルはお初だったのですが、どうやらポルトガルの郷土菓子らしい。

モーニングと言いつつスイーツにばかり食べてるな…

 

テントゥガルは何重ものパイシートの奥にエッグタルトの中身部分が入ってるかんじ。

どれもすっっっっごく美味しかった…。にがーいエスプレッソとよく合うのだ…。

 

f:id:aozora_yozora:20180329175032j:image

 

食べ終わったら、マカオの観光の起点となるセナド広場に。

 

マカオと言えばカジノのイメージが先行しがちだけど、実はポルトガル統治時代に造られた教会や聖堂など世界遺産多くの世界遺産が存在する街でもある。

 

カジノは特に興味もなかったので(正確には勇気がなかったのです)世界遺産めぐりをしてみた。

 

今回マカオ半島(しかも南部中心)にしか行っていないので、ほぼ全て徒歩で回れてしまった。、

 

f:id:aozora_yozora:20180329175642j:image

 

① 聖パウロ学院教会

セナド広場から歩いて5分くらい。曇天小雨だったけど観光客で溢れかえってた。

f:id:aozora_yozora:20180330131122j:image

 実は教会のほとんどが焼けてしまっている。

この門の後方に間取りだけが残っていた。

 

そして地下には資料館と納骨堂がある。

f:id:aozora_yozora:20180330131241j:image

納骨堂。ここは個人的に1番ショックだったところ…。殉死した宣教師たちの遺骨が納められているのだけど、その宣教師たちの多くが日本で亡くなっていた。キリシタン狩りの頃、宣教に来た宣教師たち。

マカオと日本は地理的にも近いから、マカオにいたポルトガル人宣教師たちが派遣されたんだろうな。

 

大音量のグレゴリオ聖歌とこの薄暗さがなんとなく怖いと言うか、畏怖というか、不思議な場所だった。

 

そう。そしてこの時初めて、神聖なものって”怖い”んだと感じた。ホラー映画みたいな怖さではなくて、”もうどうにもならね〜!!”っていう怖さ(語彙力)

ひれ伏すと言えばいいのか…

とりあえず此処は一見の価値ありだと思っています。

 

 

f:id:aozora_yozora:20180330131824j:image

その奥はこんなかんじ。(ちゃんと見てない)

 

 

f:id:aozora_yozora:20180330134340j:image

②仁慈堂

昔の医院(クリニック的な)と聞いてちょっと興味が湧いて行ってきた。

 

あまり観光客は訪ねてこないらしく、受付のおじさんが大変暇そうw

 

仁慈堂は1569年にマカオの初代司教D.ベルシオール・カルネイロによって設立され、慈善・救済事業で名をあげました。その後、仁慈堂は中国で初めての西洋医学を施す病院を創設しました。・・・・・

By 観光案内

 

宣教師とか司教って人たちは、迫害の中にあってもこんな風に慈善事業やら救済事業やら、人を助けることばかり考えていたのだ…

実際マカオポルトガル統治下にあったので、そんなにキリスト教に対する迫害とかなくてむしろ、マカオ全体がキリスト教色あふるる様相ですが。

素直に感動します。

 

中は入ってみたけどぶっちゃけ何もない(笑)当時使われていた薬壷などあったけれど、とくに写真もとらず出て来てしまいました。

 

3日目はさすがに疲れていたのもあって、早々にフェリーターミナルに行ってぐうぐう寝た。フェリーターミナルのベンチは広々してて眠るのにもってこい!な作りだったけど、人の出入りが多いのでスリに気をつけて。(特大ブーメラン)

 

4日目以降がネタに尽きない怒濤日々だったので、近々記憶のあるうちに書きます!!

 

 

 

 

 

 

はてなのお題スロットをまわしてみた→マイブームについて書いてみるの巻

お題「マイブーム」

 

ごぶさたです!そふぃーです。

毎日が光の早さで過ぎて行きます。嘘ではありません本当です。一日千秋です(ちがう)

どのくらい体感速度がはやまっているかというと…

昨日窓口担当した方が、今日も来られたのだけど、思わず「ご無沙汰しております〜!」と言ってしもた。「いやいや昨日来ましたよ!昨日はありがとうね!」と突っ込まれる始末。ポンコツめ!!!!!

 

そんなことはどうでもよくて。

なんだか文章が書きたい欲がうずうずして、はてなのお題スロットなるものをまわしてみました。

お題がマイブーム。

 

わたくしの最近のマイブーム、それは

職場のツバメ家族を観測すること

です。地味ィ!

でもこのツバメ家族すごいのですよ。

 

職場にツバメの巣があるのですが、その場所が車庫なのです。日中は空いているけど、夕方になるとシャッターが閉まります。

 

わたしはずーーーーっと不思議で、「ツバメたち、夜にお腹がすいたらどうするんやろ…もしかしてイモリとか食べてんのかな、いやいや…」

と色々考えておりました。

 

先日残業する機会があったので、ためしにシャッターが閉まる時間まで待ってみました。

するとびっくり。

ツバメ達はシャッターの閉まる時間になると車庫から出てくるではないか

本当にびっくりした。

ツバメちゃんたちは時間は時間が分かるのか…カラスと同じくらい賢いかも…ツバメもそのうち電車に乗ろうとするかな…ツバメが特急つばめに乗れば面白いのに…

 

でもここで問題がひとつ。ツバメちゃんたちはどうやら、子ヒナたちを置いてけぼりの様子。

自然界的にアリ??ってすごく心配していたのですが、ググったらすぐに答えが見つかりました。

 

xn--bdkya3c.xyz

 

なんですって(雑)

 

あ〜あなんだよこの誰得日記…

わたしの備忘録でした。

 

DAY②深圳〜マカオ

引き続き中国旅行レポ🇨🇳

 

1日目の深圳がなかなか衝撃だったので、「深圳はやく出たいなあ〜…」というテンションで過ごしてしまった2日目。

 

それでも、来たからには深圳の魅力を見つけて帰りたいと思ったので、とりあえず街を歩き回ってみることにした。

 

f:id:aozora_yozora:20180327193359j:image

 

朝ごはん。(昨晩のホテル事件により、食欲が湧かなかったというドチャクソナイーブ)

中国や韓国など東アジアは乳酸菌飲料が充実しているなと感じる。大容量で安いので、満足する!

 

f:id:aozora_yozora:20180327193617j:image

羅湖商業城は開いてなかったので諦めた。洋服とか買いたかったなあw

 

あと、この写真にも写ってるけど、深圳の街のスローガンみたいなのが至る所に書いてある。

「自由 平等 公正 法治 愛国…」みたいな。こういうのがすごく中国らしいなと感じた。赤色のお国というか。

 

f:id:aozora_yozora:20180327194337j:image

朝の羅湖駅付近。みんなの憩い。

f:id:aozora_yozora:20180327194419j:image

太極拳とか中国武術している方がチラホラいて、魅入ってしまった!かっこいい。

 

f:id:aozora_yozora:20180327194452j:image

 住宅地〜この柵の向こうに入るにはタッチカードみたいなのが必要。

そしてこの柵の向こうには、マンション共用の庭のようなものがあって、住人が卓球をしている(!) さすが卓球王国だなあ。

マンションだけど住人同士の交流があるみたいで、出てくる人はお互いに挨拶してた。良いアイデアだなと思った。

 

f:id:aozora_yozora:20180327194814j:image

古くからある商店街、老街に到着!朝早すぎてどこも空いてないw

そこらへんの階段に座って暇つぶし。(みんなどこへでも腰を下ろすので便乗)

 

f:id:aozora_yozora:20180327195045j:image

赤提灯の飾りが美しい〜!

f:id:aozora_yozora:20180327195132j:image

f:id:aozora_yozora:20180327195146j:image

写真展をしていたので、入ってみた。(写真OK)

綺麗な写真だらけ(語彙力の低下)

中国語で書かれた作品名をなんとなあ〜〜く読解しながら、鑑賞…カメラのお勉強になりました…!!

 

f:id:aozora_yozora:20180327195421j:image

そして街中にはなぜか、至る所にさすまたやシールド?が。警察官の数も多いし、治安維持に力を入れてるんだろうなと思った。

 

老街にも飽きて来たので(オイ)

美味しいご飯屋さんやカフェが多いという海之世界という駅へいってみることに!

英語でsea worldという。

f:id:aozora_yozora:20180327195727j:image

 

街が…もう別世界………

 

f:id:aozora_yozora:20180327195911j:image

深圳来てよかった〜!ってなった瞬間(笑)

リゾート地のような場所。f:id:aozora_yozora:20180327200209j:image

ちなみに、私はクソでかいリュックサック背負ってノソノソ歩いてた芋だったので全く景色にマッチしなかった。セルフィーしたかったw

 

 ((((次の写真:集合体苦手な人はスクロールで飛ばしてね)))))

 

 

 

 

 

 

f:id:aozora_yozora:20180327200537j:image

 

 

 

 

 

 

台湾のかき氷!タロ芋?やキヌアが乗った黒蜜味のかき氷。オヤツっていうよりご飯感があってお腹にたまる。夏バテしてご飯が食べれない時にシャクシャク食べれそう〜

 

 

f:id:aozora_yozora:20180327201108j:image 

 

大きな船があった!この中はレストラン。

お高そうなので入るのはやめた笑

うまく撮れた1枚。

 

f:id:aozora_yozora:20180327201242j:image

おおマモン…ここでも会うとはね、マモン。香港でも中国でも台湾でも、めっちゃ人気なんだね、マモン。

 

f:id:aozora_yozora:20180327201331j:image

ちょっとズームしてほしい!

警備のお兄さんがみんなこんな感じでセーラー服を着ているのです。血が騒いだ…()

しかもカッコよかった。一緒に写真撮りたかったけど、なにやら忙しそうだったので断念。次こそは。

 

船の時間がなくなる前にマカオに行きたかったので、さよなら。

MTRで隣の埠頭口駅まで。

f:id:aozora_yozora:20180327203820j:image

深圳の駅はこんな感じで必ず荷物チェックがある。テロ対策かな〜細かい。

 

駅からフェリーターミナルまではシャトルバスで移動〜

f:id:aozora_yozora:20180327201507j:image

無料シャトルバスありがたや。

 

f:id:aozora_yozora:20180327203524j:image

フェリーターミナルに入るまでも身体検査と荷物検査。

 

f:id:aozora_yozora:20180327204108j:image

 フェリーターミナルの中にあった2人カラオケボックス。台湾でも見かけた!

いつか利用したい場所No. 1ww

 

f:id:aozora_yozora:20180327204213j:image

 チケットを買う。

機械を使えばクレジットカードでも購入できたみたいですが、なんだかよく分からず…(ああ)

窓口で。行き先を告げれば1番近い時刻のチケットを売ってくれるので楽ではある?窓口はキャッシュオンリーでした。

 f:id:aozora_yozora:20180327204514j:image

船の中はこんな感じで。席はめちゃくちゃテキトーに振られているので、船が動き出すとみんな勝手に好きな席に移動していた。

窓際の席に移動するもよし。

しかし特に景色が良いというわけでもないので(窓ガラスが汚め)船酔い防止に眠る〜。

この日は少し波が高かったみたいで、船がぴょんぴょん跳ねる。その度に乗客が「フォウッ」って言い合っていて、妙な一体感が、少し楽しかった 笑

 

f:id:aozora_yozora:20180327205004j:image

40分くらいでマカオのフェリーターミナルに到着〜ここでも入国審査がありました。

 

マカオに来たら流石にWIFI繋がるでしょ?と思って試みるも

(マカオ香港中国OKのwifiを借りたはず)

 

つながらない!

 

バスに乗って街中に行くまでは分かっていたのだけど、どのバスに乗れば良いかわからない。

後から知ったけど、カジノがある大手ホテルはフェリーターミナルからシャトルバスを運行しているらしい。宿泊客じゃなくても乗せてくれるらしく、街中まで無料で行ける。いやあ利用すべきだった(笑)

バスターミナルのおじちゃんに「ここのホテルに行きたいんだけど何番に乗ればいい?」と聞いてみると、すごく丁寧に教えてくれた。ありがたい!

 

言われた通りのバスに乗り、指定されたバス停で降りて歩き回るも、私のホテルは本当に小さな安宿だったので地図に載ってない。

「どうしようこの辺り本当に人も居なくて道が聞けないしなかなかTAXIが通らないよ…」

 

というわけで、再度バスに乗って街中に向かってみることにした。(最高にアホっぽいけどこの決断本当に良かった!)

 

とりあえず来たバスに乗った瞬間

「やあ〜〜〜〜!君か!イェーイ!!さあ早く乗るんだ!!」

とメチャクチャハイテンションで迎えられた。

頭に?マークたくさん浮かべながらとりあえず乗ってみた…

 

「◯◯ホテルまで行くんでしょ?とりあえず◯◯まで乗ってて!」

とおじちゃん。なんで知ってるんだろう?!ってビックリししたけど、どうやらバスのおじちゃん界隈で私は知られていたらしい。

ホテルの場所が分からずさまようジャパニーズ…。

乗ったら案内してあげてねって話が通っていたのかな。

おじちゃんたち、本当にありがとう!号泣

 

他にも、バスの乗客さんが「どっからきたの?日本?ひとり?good luck」と話しかけてくれたり、街をガイドしてくれたり…

 

マカオの方々が本当にあたたかくて、心がほぐれた。

 

無事ホテル付近のバス停で降りて、そこから少しTAXIを使って無事ホテルに到着。

優しい方々、多謝…!

f:id:aozora_yozora:20180327211138j:image

 

街並みも本当に美しいマカオ

 

しかし割と苦労して到着した念願のホテルは、香港で噂の重◯大厦かな?ってくらい汚くて号泣ww

おまけに部屋の鍵が閉まらないww洗面台の水が出ないww

フロントの人はゲームしてて必要最低限の仕事にしか応じてくれないゾ☆

 

何か映り込むんじゃねーかと怖くなったのでホテルの写真も撮ってない(本当にチキン)

 

マカオのホテルは基本的にお高いので、ケチケチと安宿をとった時点で覚悟していましたが…しばらくメソメソしていた…

不衛生な場所への耐性がまだゼンッッッゼンないので、バックパッカー名乗る資格などありませんな(笑)

 

f:id:aozora_yozora:20180327212117j:image

夜のポルトガル領事館。

しかし、マカオは魅力的な街だ!

ポルトガル統治国だったので、南欧風の建築物がたくさん。

 

f:id:aozora_yozora:20180327212254j:image

丘の上の大聖堂。

 

f:id:aozora_yozora:20180327212353j:image

聖ドミニコ教会。

 

教会がとにかく多い。

夜は美しくライトアップされている。

 

たがしかし、このドミニコ教会のあるセナド広場でスられそうになったので、夜の街を女ひとりで歩いちゃダメです(特大ブーメラン)

 

すごすごとホテルに帰りました。

 

あれれ、2日目はあんまりご飯食べてないな、と思ったけど本当にこの日は忙しすぎて()ご飯食べるのを忘れていたのでした。

この日はかき氷とヨーグルトジュースだけ…痩せてもいいはずなのに、帰国後全く体重は落ちていなかった。屈強すぎ。

DAY①香港〜深圳にいってきた

你好〜春休みは台湾にも行きましたが、そのあと3/12〜3/17で深圳・マカオ・香港も旅行してきました。ずっと陸路での国境越えというものに憧れていたので、念願かなったりの旅でした。

 

プランと予算はこの通り!

【日程】

 D①:鹿児島空港香港国際空港→深圳

 D②:深圳→マカオ

 D③:マカオ→香港

 D④:香港

 D⑤:香港

 D⑥:香港国際空港鹿児島空港

 

【予算】

・航空券(香港エクスプレス:鹿児島=香港の往復):¥16,320

・ホテル(4泊分…最後の1日は空港泊でした):¥10,763

・現地通貨への換金:¥30,000

_______________________________

Total:¥57,083

 

ちょこちょこクレジットカード払いしているといえど、¥60,000以内におさまった5泊6日の旅でした。節約したい旅だったので宿も古かったりしましたが、このくらいの値段でそれなりに美味しいご飯もたべながら、アジア旅行できることが分かったので良かった!

 

ではでは旅メモ

1日目はほとんど移動でした。

香港国際空港〜深圳】

 f:id:aozora_yozora:20180326212705j:image

香港エクスプレス機内。そこはやっぱりLCCなので狭かった〜!でもセール価格で往復16,000円でチケットを取れているのでなんでも我慢できる(笑)預け荷物もゼロにしているのでリュック1つを機内持ち込みにしました。

f:id:aozora_yozora:20180326213029j:image

香港エクスプレスは空港第2ターミナルの端に着くので、電車で第1ターミナルまで移動する。入国審査などは第1ターミナルに行かないとできない。

f:id:aozora_yozora:20180326213655j:image

空港のセブンイレブン(香港の至る所にあるのでめっちゃお世話になった)でみつけたジャパニーズお菓子コーナー。

f:id:aozora_yozora:20180326213948j:image

香港でよく見かけるVLT。レモンティーです。低糖って書かれてるからアッサリしてるのかと思ったらとても甘い(笑)

 

f:id:aozora_yozora:20180326214323j:image

香港国際空港の駅カウンターでオクトパスという交通カードを買って…さて、香港と中国の国境の駅、羅湖駅を目指します!!

 

この辺りには観光ガイドボランティアのおじさんおばさんが立っていて、バスの乗り場を教えてくれました。

バスの乗り場まで行くと、またガイドの方が立っていて(笑)行きたい場所を告げると、乗るべきバスを教えてくれました。

 

f:id:aozora_yozora:20180326215802j:image

きれいな2階建バス。

f:id:aozora_yozora:20180326212755j:image

もちろん2階席(笑)座席にはUSBが接続できる充電スポットがある。座席もとてもしっかりしてるし、快適。

台湾でも思ったけど、東アジアのメンズはツーブロックが基本なのだな…。刈り上げてない男の子に会うと”日本人でごさるか?”って思う。

いつか各国の男の子になぜ刈り上げるのか聞いてみたい…。

f:id:aozora_yozora:20180326220418j:image

橋から見えるオーシャンビューが良き。

 

f:id:aozora_yozora:20180326221156j:image

国境の駅、羅湖駅に行くにはMTRに乗らねばならない。ので、上水駅で下車。ここから一駅MTRに乗って羅湖駅に行きます!

 

羅湖駅に到着。

 f:id:aozora_yozora:20180326221508j:image

駅構内に入るとこんなかんじ。わたしは深圳に向かうのでこちら。国境の駅感が増してきてワクワクしている!!

 

f:id:aozora_yozora:20180326221930j:image

いざ入国審査へ。香港とは打って変わって、お姉さんが無愛想になっていて「あっ」ってなってしまったw

香港と深圳で、人当たりがガラッと変わったように感じた。(個人の見解だけどね)

 

f:id:aozora_yozora:20180326222421j:image

 

うおお!晴れて深圳に着きました!しかし、国境付近は治安が悪いと聞いていたが、たしかになあ…女ひとり旅というのもあったけど、駅を出るなりあちこちから声をかけられる。(商売人らしきおじさん達)

この日でスルースキルが爆上がりしたと思う。

スルースキル爆上げしたところで問題発生。

WIFIが繋がらねえ…!!!

なんで??中国VPN対応のwifiを借りてきたのにそもそも反応すらしない。

 

すなわちホテルの場所が分からない!地図を片手に頑張ってみることにした。(この時ほど地球の歩き方を買っていて良かったと思ったことはない…地図の細かさが素晴らしい…)

 

1番ちゃんと答えてくれそうな(笑)警察官のお兄ちゃんに道を聞いてみることにした。

f:id:aozora_yozora:20180326223325j:image

(警察車両が戦車?ってぐらいゴツかったので、ビビりまくった私は、道を聞くのを3分くらい躊躇した)

 

ありがとうポリスメン。

f:id:aozora_yozora:20180326223534j:image

ザ オーバーシーズ チャイニーズ ビルディング (The Overseas Chinese Building) -深圳-【 2018年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

無事着いたホテル。

あれ?突然空が真っ暗でびっくりですよね。そうです、ポリスメンに道を聞くも1時間くらい彷徨っていた。さすが天性の方向音痴をこんなとこで発揮するなんて。半べそだった。

 

f:id:aozora_yozora:20180326223724j:image

ホテルはちゃんと綺麗だった。(なぜかキングサイズベッドの部屋がセールによりシングルより安かったのでこの部屋に)

 

しかし、このホテルおそろしかった…。

 

22時頃、もうへとへとだったので寝ようとベッドに入ったとき。隣の部屋で女性が叫んでる。

中国語って普通の会話でもわりも喧嘩に聞こえることがあるので、最初は「声でかいなー」くらいに思っていた。でも次第に物を投げて壊す音がしたり、バチン!とか、いや絶対誰か叩かれただろうという音がしてきたのでいよいよ恐ろしくなってきた…のが午前2時くらい(T_T)

イヤホンをして頭から布団をかぶって寝てみたけど、圧倒的に隣の部屋の音がでかい。

いやこれマズイんじゃないか??と思ってるところに、わたしの部屋のチャイムを連打される。ここで完全に怖くなって居留守を使ってしまった(22時までエドシーランを流していたので居ることはバレてるやろ)

15分くらいしてやっと諦めたのか帰ってくれたけど、そのあと朝4時まで喧嘩は続いたのだった…朝になって冷静になって、「ああ人が死んでたらどうしよう!」と思ってフロントに言うも多分理解してない様子。

なんか居づらかったので、そのまま午前7時くらいにチェックアウトしました。

そのあとどうなったのかは分からない…

 

中国語を話せずに中国旅行をしたことを最も悔いた経験だった。深圳はマトモな方だけど、なかなか英語は通じない。そして、ひとり旅ってこんなに冷静な対応ができなくなるくらい恐怖を感じてしまうんだなあってことも分かった。

 

あと、女ひとり旅の時に安宿ばっかり探してはいけませんな(激しい自戒)

 

 

台湾いってきたいわん①

こんにちは!そふぃーです。

2月の国家試験も終わり、なんとか首の皮一枚つながったところで、友人と卒業旅行にいってきました!

行き先は台湾。某旅行会社のフリープランツアーを利用して行ってきました。

f:id:aozora_yozora:20180306145904j:plain

3人のパスポート



鹿児島空港〜桃園国際空港〜ホテル】

 

鹿児島空港から出発し、およそ2時間30分ほどで台湾の”桃園国際空港”に到着しました。航空会社はチャイナエアライン

ツアーだったので、機内食がついてきた!(いつもLCCの最低限サービスしか利用しないので感動…)

f:id:aozora_yozora:20180305183142j:plain

機内食



食べた瞬間「これ、異国の味がする!!!」と友人。

台湾料理八角やシナモンといった香辛料がたくさん使われているので、まるで漢方薬のような独特の味がします。内臓から身体を温めてくるような辛さがある!

薬味・香辛料が大好きなので、すごく美味しかったです。

 

桃園国際空港の第2ターミナルに到着してからは、ガイドさんに連れられてバスで台北市内にあるホテルへ。

f:id:aozora_yozora:20180305193219j:plain

桃園国際空港 第2ターミナル



 

f:id:aozora_yozora:20180305193248j:plain

空港で見つけた優しいトイレ

 

ツアーで団体行動だったので、13時半ごろ空港に着きましたが、午後はほとんど移動、ホテルに着いたのは夕方頃でした。

 

ホテルは台北市内の洛碁大飯店松江館(GREEN WORLD SONGJIANG/グリーンワールド松江)でした。

場所は行天宮駅から歩いて15分くらい。

hotels.his-j.com

 

ホテルに着くなり、フロントのお姉さん

「部屋が余ってたから、ファミリールームにしといたよ〜」

 

???

??????

 

 

 

 

そのお部屋がこちら。

f:id:aozora_yozora:20180305193259j:plain

興奮しながら写真を撮り踊る我々


なんだかすごい部屋に通された。何があったんだろう、前世の徳を積みすぎたのかもしれない…。

 嬉しさのあまり、なぜか動画と写真を撮りながら踊りだす私たち。(後ほど壁がどえらい薄い事実に気づく)

 

シンクもついてる…

f:id:aozora_yozora:20180305193320j:image

 

書斎もあった… 

贅沢な4日間を過ごしました。

 

【鼎泰豊(ディンタイフォン)・ランタン祭り】

 

夜は台湾MRTに乗って、東門駅の近くにある鼎泰豊(ディンタイフォン)という小籠包の有名なお店に行ってきました。世界中に支店があるとっても有名なお店なので、週末に行くと1時間待ちとかざらにあるみたいです。

f:id:aozora_yozora:20180305193644j:plain

鼎泰豊(ディンタイフォン)の入り口。黒山の人だかり。


しかし、オプショナルツアーを利用したので、優先的に案内してもらえました!

(まるで某遊園地のファストパスだね)

それでも30分くらいは待ちましたが、効率的に旅行するにはオプショナルツアーも便利ですね。

 

800元(日本円で3200くらい)のコースでしたが、わりと大食いのわたしでも食べきれないくらい。最初の1口はきゃぴきゃぴしながら食べていたのですが、後半はせいろに怯えていました…(どんどん来る)

f:id:aozora_yozora:20180305193607j:plain

せいろの量に怯えながら食べる我々

 

台湾や中国、台湾、韓国など東アジアの国々では「人が食べきれないほどたくさんの食事を出すことが、おもてなしの心」と言われています。

たしかに中華料理と言われれば、回転テーブルにあふれんばかりのご飯が乗っている風景をイメージしますよね。

お茶もこまめにつぎに来てくださったりと、おもてなしの心をひしひしと感じました。謝謝!

 

食べるのに夢中であまり写真をとっていないですが、本当に美味しかったです。

籠包の中身が限界まで詰まっていた 。

 

その後は西門駅の周辺で行われているランタン祭りに行ってきました。

f:id:aozora_yozora:20180305193828j:plain

西門駅出てすぐ


道ばたで話しかけてくれたおじさんも「今日は西門にいくよね?!もちろんだよね!?だって今日はランタン祭りなんだから!」と言っていたので、台湾の方も心待ちにしていたランタン祭りみたいです。人の海!

 

ランタン祭りとは

台湾で開催される、元宵節(げんしょうせつ)の祭り。元宵節は、春節から数えて15日経過した、春節後最初の満月を迎える日。台湾各地で美しいランタン祭りが行われる。台北の東北部にある平渓で行われる「天灯節」は有名である。願いごとを託した「天灯」と呼ばれる大型ランタンを、一斉に夜空に放つ幻想的な儀式が人々を魅了する。開催時期は旧暦の1月15日を中心とした数日。毎年2月頃に行われる

台湾ランタン祭り(たいわんランタンまつり)とは - コトバンク

 

この日も満月がとても綺麗でした。

 f:id:aozora_yozora:20180305193838j:image

 

本当に見事なランタン。

f:id:aozora_yozora:20180305193926j:image

 

子どもたちが作ったランタンもあって、台湾の流行が少し分かる。(ポケモンミニオンがいたるところに)

 

f:id:aozora_yozora:20180305193934j:plain

ギャラドス

 

今年は狗年なので犬モチーフが多かったです。あと、犬を連れている人も多かった。

f:id:aozora_yozora:20180305194006j:plain

3匹の犬のメインモニュメント



 

台湾の赤れんが倉庫的場所。中は雑貨屋さん

 f:id:aozora_yozora:20180305194026j:image

 

この後は電車で行天宮駅まで行き、タクシーで帰りました。

台湾のタクシーは初乗り料金が70元くらい(日本円で280くらい)なので、とても気軽に使えます。

そしてこの日乗ったタクシーのおじちゃんはなぜか料金を負けてくれて…

深夜料金(23時以降)だったので割り増しになるかと思いきや「40元で良いよ〜謝謝」とお金を返してくれました。(メーターは90元だったのに)

 

台湾のみなさんの優しさに心うたれながら帰った3人であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の醍醐味は食ですよね〜(独断)

こんにちは!そふぃーです。

 

今回は韓国旅行中の食について、ぼちぼち思い出しながら書いてみようと思います。

なんといっても毎度毎度量が多いよね!

私としてはありがたい限りなんですが、ずっとお腹いっぱいの数日間を過ごしたのは万年ダイエッター的には貴重な体験でした。

韓国料理は全体的に

  • 量が多い
  • 炭水化物と肉多め
  • 辛い
  • 辛い
  • 辛い(くどい)
  • 高麗人参とニンニク大好き

って感じ。

一般に韓国の方は日本人より身長が高いしガタイも良い方が多いし、こういう食文化も影響してるのかなって思った。あとみんな肌がピッカピカなのは辛いもの食べまくって新陳代謝アゲアゲなのもあるのかなあ。

でも深夜チキンはクリミナルな文化だと思うよ。私この文化を踏襲したらすぐ巨デブる。

 

ではでは食べたものをば時系列で!

 

1日目

@明洞の『조가비 seafood restaurant 』

f:id:aozora_yozora:20171216211326j:image

ここ。よぎよぎ。

f:id:aozora_yozora:20171216210420j:image

貝鍋です。店のアジョシが1番おすすめしてくれた。

しかし名前忘れましたてか知らない。調べときます…

f:id:aozora_yozora:20171216210620j:image

結構貝のルックスは怖かった(笑)緑とか赤とか…貝が好きな人は楽しめると思います。

追加でラーメン頼みました。

周りは会社帰りのサラリーマンが多かったんですが、私は衝撃を受けましたね。

韓国ドラマでよくある、目上の人の前では顔をよそに背けて飲むってやつ。ほんまにやるんやー!感動した。後日韓国の友達に聞いたら、普通に親の前でもするわってさ…えらいわあ

f:id:aozora_yozora:20171216211009j:image

フルーツチャミスルも。普通のストレートより、フルーツの方が飲みやすいと思うのは私だけか。

 

2日目

【あさ】

@ソウル駅周辺 名前わすれた…

 

韓国にはどこでもある感じの、朝から開いてる食堂で食べました。私は個人的に、韓国の朝が大好きです。韓国らしいなって思います。アジュンマ(韓国語でおばさん)たちが朝から店先に立ってキンパプとかお粥作って、仕事前のおじさんとか学生が来てお弁当代わりのキンパプ買って行くみたいな…日常光景なんだろうけど、街の活気を感じるんですよ〜〜

f:id:aozora_yozora:20171216212913j:image

店内こんなかんじ。メニュー選んで紙に書く。

アジュンマに言ってもオッケーだけど忙しそう。

 f:id:aozora_yozora:20171216211614j:image

私たちはキムチチゲ、キンパプ、お粥(何粥か忘れちゃった)を食べました。これ全部で15000KWしないくらいなので、朝ごはんはお得なのです。

キムチチゲにもご飯が付いてくる痛恨のミス!

キンパプは持ち帰りできました。

 

【ひる】

@DMZ付近 名前忘れた…

f:id:aozora_yozora:20171216212518j:image

 

店の名前全然覚えてないかなしい。

この日は板門店ツアーだったので、ツアーの中でプルコギ食べました。

ツアー者向けだからかな、わりと甘かった。

日本のスキヤキってかんじ。ご飯とよく合うね!プルコギメインだけど、副菜とナムルがめっちゃんこ美味しいしおかわり自由だった。ありがとうございます。 

 

【よる】

@明洞 

この日は母上とチャングムの誓いならぬチュクミの誓いを立てていたので、夜はチュクミを食べました。

 f:id:aozora_yozora:20171216213449j:image

これすごいんですよ!透明のシリコン製の鍋敷きがあって、その上にこの鍋を乗せると温まる。しかもなかなかの火力。

f:id:aozora_yozora:20171216213832j:image

 店員さんがタコを入れてくれた。煮えて来たらエゴマの葉に包んで食べます。

f:id:aozora_yozora:20171216214112j:image

そこそこに食べ終わると、シメのご飯が投入される。韓国ではシメのご飯はリゾット風になるんじゃなくて、こんな感じにペタペタと平にされチャーハン風で食べる。最強においしい、ましっそ。でもこの時点で腹15分目くらいなのであった。

f:id:aozora_yozora:20171216214601j:image

コーヒーブレイクして帰った。

 

残りはまた、思い出したら書きます。いつか書く、でもそのいつかは来るかしら…?!

 

 

 

 

 

韓国旅行いちばんの思い出〜脱北者の語り〜

 

こんにちは!そふぃーです。突然更新頻度があがりました?卒論におわりの兆しが見えて来たんです笑

 

というのも、旅行記にはスピードが必要だと考えているのです。旅行で得た知識や情報というのは割と長く記憶しているし、後から調べれば出てきます。でも、感情や気づきは短命。すぐに自分の中から消えてしまう。だから、その時々で書きたい。すでに旅行から1ヶ月経ってますがね!

 

泣きたい…無念。鮮度100%のピチピッチの感情を残しておきたかったのにい〜

しかし、今回の韓国旅行で一番心に留めておきたいと思っていた事はしっかりメモしていたようです。よかったかった。

それは何かと言うと、脱北者の語りでした。

ツアーのバスの中で雑談的に聞いたもの。でもこんなに忘れられないものになった。語ってくださったのは、笑顔の素敵な女性でした。

たくさんのことを語っていただいた。

 

言葉をできるだけそのまま、のせたいと思います…↓

 

北朝鮮では良い生活をしていました。特に不満もなかったのですが、金正日政権になってからおかしくなりました。商売をしていたので貯めたお金もあったのですが、金正日の経済政策の時にお金は全て紙切れになりました。娘のために、この国をでなければならないと思いました。

娘のためには脱北しなければと思い、マイナス30℃の中、川を渡りました。見つかったら想像もできないくらい恐ろしい目に合うことが分かっていました。気持ちが急いて、なんども転びました。鴨緑江川(アムノッカン)を渡り、なんとか中国に逃げました。脱北には、仲介・支援をしてくれるブローカーと言う人がます。その人に高額なお金を支払い、脱北を支援してもらいます。
脱北者のほとんどはタイを目指します。そこで移民として受け入れられてから、どの国で暮らしていくかを決めます…」

(語りの中ではこう話されていたけれど、私が調べた感じだと、多くはタイから韓国に送還されるっぽい。韓国の憲法が”朝鮮半島の全ての人を市民”とみなしているので、不法入国者に該当しないから)

 

この方の娘さんは今、中国に留学中。来年からカナダで英語を学ぶ。教師を目指しているそうだ。

彼女の稼ぐお金は9割娘の学費に消える。
しかし北朝鮮で育った娘にとって、教育は何より大切なのだと考えていらっしゃる事が伝わってきた。

 

「一番の心残りは旦那を残してきてしまったことです。中国から使用済みの携帯を買い取って、北朝鮮の電波を拾って連絡を取ることもできるので、旦那の近況は知っています。最近再婚したそうです。私は旦那を捨ててきてしまったから、当たり前。でも南北統一され平和な時代が来たならば、もう一度会いたい。」

 

一緒にいた母が「南北統一して平和な日が来ることを祈ってます」と伝えると涙を流された。ありがとうと言われた。


現在、朝鮮半島における離散家族は約2万人。

今でもイムジン河公園では、離散家族たちが集まって法事を行う場所がある。

f:id:aozora_yozora:20171212143454j:plain

イムジン河公園


分断され向こう岸にいる家族のことをいつも思っている。
韓国の人々が北朝鮮の人々へ向ける思いは突き放すような感情ではなく、別れた同胞、家族へ対する愛しさ、歩み寄りたい、いつかは統一してまた一緒に暮らしたい、こんな気持ちではないだろうか。

f:id:aozora_yozora:20171212143419j:plain

イムジン河公園

リボンにはたくさんの「統一を願ってます」という言葉が。


多分、北朝鮮の人々も同じ気持ちでいる。別れた家族や友人を思って生きてる。

北の人々は、そこでの暮らしに不満を持っているわけではない。三食不自由なく食べられる人もいる。一方で栄養失調を来すほど貧しい人もおり、貧富の差はとても激しい。
また、職業を自分で選ぶことはできない。朝鮮労働党の職員や軍人でも高い地位に就くには、家柄やお金が必要だ。終わらない貧困の連鎖がそこにはある。
そのような国家の制度に疑問を持つ国民は大勢いる。しかし、同時に北朝鮮という故郷も忘れられないのだ。

私たちが、ちょっと故郷を懐かしく感じる時がある、それと同じように。

先ほどの脱北者も、故郷が懐かしみ、こうも語っていた。

「韓国での日々は充実しているけれど、まるでジャングルみたいです。毎日新しいことがやって来て、頭と心が忙しい。北朝鮮にいた時はシンプルでした。食べて、働いて、寝て…。」

 

故郷への思いは忘れられない。脱北して生活が豊かになった今でも、望郷の念は残っている。

 

都羅山駅に、こんな地図があった。

f:id:aozora_yozora:20171212134154j:plain

都羅山駅 地図

南北が一つになれな、電車でユーラシア大陸を旅できるよ、という地図。

リアル世界の車窓が実現しますね

 

f:id:aozora_yozora:20171212134517j:plain

都羅山駅 駅舎

この線路をまっすぐいけば、臨津閣駅(Imujingang station)韓国側。

f:id:aozora_yozora:20171212134534j:plain

韓国 イムジン側

こちらの線路をまっすぐ行くと、板門駅(Panmun station)北朝鮮側。

f:id:aozora_yozora:20171212134816j:plain

都羅山駅 板門側

いつかこの先まで電車が通ったら。

韓国から電車でヨーロッパに行けるんだなあ、素敵だなあ、と妄想しておりました。

f:id:aozora_yozora:20171212143205j:plain

わたし

こんな感じでちょろちょろしていたら、駅舎から軍人さんが出て来ました。子どもが何やらかすかと心配なさったのだろう…労力使わせてすみません。

 

この辺りは自然が豊かで空気も綺麗でした。民間人統制区域として、人の足も少なく開発が進んでいなかったので、手付かずの自然が残っています。

宿泊がソウル市内だったので、ここの空気が美味しくて感激しました。

 

 

余談なんですが… 

この日夢をみました。韓国の人、北朝鮮の人、日本人の私もみんなで飲んでる。夢でも飲むんかい…。 この飲みがめちゃくちゃ楽しかった。みんなで飲みゲーなどしてですよ。ちなみにお酒はビールでした。ソジュとかマッコリじゃないのな。

何故か、その飲み会の後日談で「私、北朝鮮の人と結婚するんだ」と友人や家族に報告していた。だけど、誰も驚かなかった。結婚できるかという不安が見せた夢だとは思いたくないですw
なんとも、幸せな夢だった。壁がないって良いなあと思った。

 

というわけで!またかきます。

 

そふぃー